コンクラーベ

我が儘勝手な事ばかり申します。

 


f:id:shiho196123:20181130171134j:plain

血液がサラサラに成るお話

 

 

f:id:shiho196123:20181130173948j:plain

塩の正しい取り方

体調の良くない人は

何故かといえば

正しい塩を取って

いないからなんです。

 

正しい塩の取り方とは

塩を多めに取って

水を減らすんです。

 

殆どの人は

水を多く取っても

構わないと思っています。

 

ところが、そうでは無いんです。

体の中に塩分が

多ければ

人間の血液は

サラサラで綺麗なんです。

 

塩分を多めに取る人は

必ず、水分も多く取ります、

だから、薄く成るんですね。

 

塩というのは取り過ぎると

体調が崩れるように

出来ていますから、

取り過ぎれば

すぐに分かります。

 

f:id:shiho196123:20181130174721j:plain

 中和

食事には酸とアルカリが

有りますね、

酸性であるお肉を

多く取れば、

お肉は酸性で有りながら

陽性ですね、

陰性を摂取して

バランスを取るためには

カレーライス、甘い物を

を摂取しますね。

 

陽性に陰性が

混ざって丁度

良いと思うけれど、

 

ところが、砂糖もカレーも

酸性なんですね。

 

中和したくなるから、

水を大量に摂取してしまいます。

 

ジュースなんかを

飲んでしまうと

体が酸性に偏るんです。

 

f:id:shiho196123:20181130210057j:plain

牛乳を飲めば

カルシウムが有ると

いいますけど、

 

牛乳を飲み出してから

骨折する人が多く成ったんですね。

 

体が酸性に偏って

骨からカルシウムを持ってきて

中和する働きが有るんですね。

 

現在の人は

お肉を食べた上に

陰性の酸性を入れてる

事に成りますよね。

 

残った体内は

酸性過多に成りますよね。

 

例えば海水に砂糖を

入れたとしますよね、

真水には成らないですね。

 

余計に濁った状態が

体ですね。

 

日本人は本来は

野菜とか穀物を

食べている民族だったんです。

 

そういう人達が

塩でバランスを

取っていたんですね。

 

f:id:shiho196123:20181130214022j:plain

塩は健康にもなり、家内安全にも成ります

塩を取らなくなると

体のあちらこちらに

歪みが出ます。

 

塩が有るだけで

魔物が避けるというぐらい

塩は大切なものですね。

 

塩を少し多めに取って

水分を減らせば

その事で体調が良くなると

それは良い事ですよね。

 

昔はお粥に塩を入れて

徐々に病気を直していったんですね、

塩は大切なものものですね。

 

塩は神事

清めるという意味で

塩を玄関先にまいたり、

窓ガラスを拭くのに

雑巾に少しの塩を入れて

拭くことも出来ますし、

 

商店の玄関先に

盛り塩をして、

厭な客が入れないようにしますね。

 

ご近所に塩をまいてあげるのも

良いですし、

事故が頻繁に

起きるところに

塩をまくことも出来ます。

 

因果の強い人が

塩を舐めると

体調を崩しますので、

少しずつ始めて下さい。

 

少しずつ舐めていくと

因果は消えていきますよ。

毎日、続けて下さいね。

 

f:id:shiho196123:20181130222319j:plain


斉藤一人さんの講演会を参考にしました。

 

皆様、いつもご精読有り難う御座いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ナチュラルライフ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ