コンクラーベ

我が儘勝手な事ばかりを申します。

斉藤一人 仕事においての人の見分け方

f:id:shiho196123:20190104161928j:plain

 

人の悪口は言わない方が良いですね。

            目次

 

 

 


共存共栄


 

仕事においての人の見分け方、

この人はこの人に勝てない、

 

 それからこの会社は

あそこの会社に勝てない、

この国はあの国に勝てないって

いうのが一回で見分けられ方法が

有ります。

 

まず、ビジネスと戦では

全然、違います。

 

戦というのは

相手の弱みにつけ込んで

そこを責めていけばいいですね。

 

弱いところを見つけるのが

殺し合いです。

 

でも、戦争以外は

共存共栄か生かし合いです。

 

f:id:shiho196123:20190104162452j:plain

負け犬の遠吠え

 

その時に例えば

相手の会社を見ます、

ライバル会社を

せっかく見てきて

「あそことあそこが劣ってますよ」

と言う相手の会社の悪いところを

話している社長がいれば

その人は絶対に相手に勝てませんね。

 

何故かというと

あそこが悪いっていうことは

自分はそれが得意だから

その事を見ているんですね。

 

貴方より良いところがあるから

伸びているんですね。

 

良いところを

探してくるんじゃなくて

悪いところを探してくる

人がいるんです。

 

相手の欠点を

見つければ

スッとしますね。

 

気は治まりますが

実際には勝てません。

 

日本は経済的に

アメリカには当分

勝てません。

 

テレビでも評論家でも

アメリカの欠点を

言っていますが

それだけ悪いところの

有るアメリカに

日本は負けているんです。

 

悪い部分を探すより

良いところがあるから

アメリカが勝っているんです。

 

その良いところを

真似しない限り

アメリカを抜く事は

出来ませんね。

 

スッとしたい為に

言っているのなら

集まって愚痴を

言ってればいいですね。

 

この人は本気で

勝つ気が無いんですね、

負け犬の遠吠えで

ずっと言っていたいんだ。

 

あそこの社長は

こういう癖が有って

こういうところが

良くない、

それだけ良くない人に

貴方は負けているんです。

 

f:id:shiho196123:20190104162655j:plain

敬意

 

あそこには

それを補う

良いところが

必ず有ります。

 

本気で学ぼうとしたとき

相手の悪いところは

どうでも良いですよね。

 

相手の悪いところは

こっちが勝ってるんですね。

 

勝っているところではなく

貴方の負けている

ところはどこですかって、

真剣になって

相手を見つめ直したとき

相手に対する

敬意が出てくるんです。

 

素晴らしいな、

こんな事をしているんだ

ということが見えてきますね。

 

相手の会社のあそこが

優れているんだ、

相手のことを褒めだしたら

降参したわけではないです。

 

f:id:shiho196123:20190104162851j:plain

降参

 

降参というのは

相手の悪いところを

探し出して、

相手よりここが勝っている

というのが

ビジネスの世界における

降参ですね。

 

この人、

心がもう降参しています、

良いところを学んで

乗り越えようとはしていません。

 

あそこの会社は

ここが良いから

自分達も真似を

するほうが良いですね、

この人はやがて勝てますね。

 

強みを言うことは

これを負け犬の遠ぼえ

以外の何者でも有りません。

 

それを聞いたとき

その人はもう勝てませんね。

 

そういう見方をすると

世の中が見えますね。

 

 

ビジネスと戦争

 

戦争は違いますけど

もう戦争はしてませんから。

 

「ビジネスと戦争は似てます」

と言いますが

大いに違います。

 

弱点を探して

そこを責めたって、

ボクシングならいいですけど

ビジネスは殺し合いではなくて

魂がもっと、上の段階ですね。

 

粗探しをするより

良いところを見習う人しか

伸びないんですね。

 

ビジネスは魂の

次元の高いものですね。

 

それにふさわしい人間かどうか

見極めたとき

この会社はもう勝てない、

この国はあの国は勝てないですね。

 

人の国を貶しても

仕方がないです、

それはそこの国が

直すことですね。

 

それで

あれだけ粗が有っても

自分達より上だということは

よほど良いものが有るんですね。

 

「自分達は学ばなければ

 いけないです、

 その良いものは何だろう」と

言ったときもう悪い事なんかに

目はいきませんね。

 

人間の頭は

二つを一度に

考えられませんよね。

 

粗を探しているときは

必ず良いところを見ていませんね。

 

良いところを

一生懸命に見ていると

粗なんかに目がいきませんから、

二つのことは考えられません。

 

自分が負け犬の遠吠えを

言ってるかどうか、

「彼奴はここが駄目なんです」と

言い出したら

この人は降参したんだと

思って下さい。

 

それより、相手の良いところを

「見習わなきゃいけない」と言ったら

もうその人はやがて勝てますね。

 

悪口を言った方が負けです、

そういうふうに思って

世の中を見ていると

見間違うことがなくなります。

 

f:id:shiho196123:20190106200110j:plain

 

斉藤一人さんのお話を纏めました。

 

皆様、いつもご精読有り難う御座います。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ナチュラルライフ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ