コンクラーベ

我が儘勝手な事ばかり申します。

最後の神様

f:id:shiho196123:20181124143618j:plain

不思議な話をさせて下さい、

皆様が信じられない話です。

 

f:id:shiho196123:20181124144948j:plain

何故、死神には神という字がついているのでしょうか、

皆様が思っているような薄汚れた着物を

着ているのは、本当の死神では有りません。

 

あれは、妖怪とか、物の怪、悪魔と

一緒にしていると思います。

 

本当の死神というのは神様なんです、

一つの天使といっても良いです。

 

人間はいろんな過去を引きずって生きています、

その引きずっている過去から切り離してくれるのは

死という神様なんです。

 

f:id:shiho196123:20181124151054j:plain

死という事を考えると

一瞬の内に何もかも無くなります、

そうすると何をすれば良いのか、

唯々、今が幸せです、人が喜ぶ事を

すれば良いんじゃないかとか........

 

人は死を恐れて毛嫌いしていたけれども

それは悪魔がそうさせるんです。

 

受命が来る前に自殺したりするのは

悪魔が取り憑いてそうさせるんですね。

 

映画の話ですが、

ある老婆が入口におまじないをして、

死神を入れない様にします。

 

旅の青年が来て

おばあさんもう頑張らなくて

良いです、

大変だったですね、私と一緒に

行きましょう、優しく抱かれて死んで

逝きます。

 

死という事を怖い物と思わせるのは

悪魔の仕業なの、

自分が死ぬ事を考えると、イライラしたり、人を

傷つけた言葉をいったりしないで、

人は愛の道に戻れます。

 

f:id:shiho196123:20181124172247j:plain

 

死という言葉に神がついているのは

ちゃんとした神様で有って、

普段、考えているのは物の怪です。

 

もっと優しくて迎えに来てくれて、

彷徨わないように

故郷に連れて行ってくれる

道先案内人ですね。

過去の事を引き摺る必要も無いし、

する事が見えてきます。

 

死という事を怖がらせ、そうやって

生きているのは悪魔の仕業で有って、

悪魔を神だと思い、神を悪魔だと

思っているんですよね。

 

f:id:shiho196123:20181124160934j:plain

逆さに物を考えています、

人は何度も何度も

生まれ変わります、

だから死を恐れることはないし、

死ぬ時に迎えに来てくれる

その人を恐れることもないです。

 

戦争をしろとか暴走族に成れとか

では無く、ちゃんと生きて、

ちゃんと迎えに来てくれる、真面な話ですね。

 

最後に死の世界に連れて行ってくれるのは、

美しくて、輝きが有って、そういう人が出てきて、

死の世界に連れて行ってくれるんです。

 

最後に最高の神で有って

最高の天使なんです。

 

死という事を完全に受け入れていないと

酷いことを言ったりするんですよ、

自分が明日死ぬかも分からない、

親も死ぬかも分からないなら、

そう考えれば、愛が有る言葉が出ますよね。

 

f:id:shiho196123:20181124163428j:plain

死の天使を思い出しただけでも、

正しい愛情が出て来ますよね。

 

死を恐れないという事と

命を無駄にするということは

全く違います。

 

ちゃんと命を全うして

最後に最高の神様が

迎えに来てくれるんです。

 

人は皆、死にます、

神様は全員にこんな苦しみを

何故、与えるのか、

人は何度も生まれ変わります。

 

死という事をそんなに厭な事

として捉える必要は無いんです、

最後に最高の美しい神様が

迎えに来てくれます。

 

神様は全員が嫌がり、困る事は

しません。

 

万人に一人でも分かってくれれば

幸いです。

 

f:id:shiho196123:20181124170324j:plain

このお話は宗教では有りません、

お金を取りませんから。

 

斉藤一人さんの講演会を参考にしました。

 

ご精読有り難う御座いました

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ナチュラルライフ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ